診察室pt_ball施設名称/医療法人社団 元氣会 札幌整形外科

pt_ball所 在 地/〒063-0833 札幌市西区発寒13条4丁目13-56

TEL 011-662-1118 FAX 011-662-1128

pt_ball開 設 者/理事長 小熊 忠教 (おぐま ただのり)

pt_ball病 床 数/19床

pt_ball標榜科目/整形外科/リハビリテーション科

pt_ball診療詳細/腰痛外来/骨粗鬆症外来/骨密度測定/入院・手術対応

pt_ball指定機関/保険医療機関、労災指定、生活保護指定、被爆者一般疾病指定、難病指定、自立支援指定

pt_ball設  備/CT装置、単純レントゲン装置、X線骨密度測定装置、手術室テレビモニター、トレッドミル

rect設 立

2003年(平成15年)9月 札幌整形外科 開院

2005年(平成17年)4月 法人化し、医)社団元氣会札幌整形外科となる。

2005年(平成17年)4月 医)社団元氣会札幌リハビリテーションクリニック開院

2008年(平成20年)4月 ~ 2012年(平成24年)9月 医)社団元氣会光洋整形外科・内科・リハビリ

2012年(平成24年)9月 医)社団生き生き会光洋いきいきクリニックと地域連携

2014年(平成26年)7月 小樽市に医)社団元氣会札幌整形外科小樽分院開院

rect環 境

西区発寒13条に位置し、鉄工団地が立ち並ぶ地域事情から、工場や工事現場での外傷患者も多く、整形外科としての役割は大きいと感じております。近隣の学校や幼稚園などからケガをした生徒さんが訪れるなど、地域の皆さんの「かかりつけの病院」としてお役に立てればと思っております。

rect特 色

整形外科全般の治療を行ないます。(外傷、骨、背骨、関節、骨粗鬆症、リウマチ、筋、腱など。)専門の脊椎外科では、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、後側弯症(腰曲がり)の手術も実施しており、外来、入院、手術、リハビリまで一貫した治療を行なっています。

また、高齢化にともない骨粗鬆症が注目される昨今、「X線骨密度測定装置」を導入し全身どこでも測定できるため、より正確な検査結果を得ることができます。

rect安全対策

当院では患者さんにより良質な医療を展開できるよう、安全・感染・褥瘡対策委員会を設け、定例会議を実施するほか、診察ヒヤリハット報告が発生したらすぐに問題点の検討・対策を行い、全職員が問題意識をもってリスク管理を徹底するよう活動しております。

rectスタッフ教育

当院では、安心と安全を保つために、スタッフに対する定期的な勉強会とセミナーを実施しております。